2018/05/11 12:02

【憧れの職業への道#3】日系航空会社キャビンアテンダント(客室乗務職)内定!Kさん

ただでさえ、大変な就職活動。その中でも「狭き門」と呼ばれ、選ばれし者にしか就くことのできない職業が存在します。「憧れの職業への道」では、そんな職業への夢を追いかけ、見事内定を獲得した方にインタビューをしていきます。
その職業を目指したきっかけから、就職活動中に人一倍努力したことは何か、壁に当たった時にどう乗り越えたのかなど、様々なエピソードを伺います。全ての社会人にとって、成功をおさめるためのヒントが満載です!

第3回目となる今回の「憧れの職業」はキャビンアテンダントです!

インタビューさせていただいたのは、日系航空会社にキャビンアテンダント(客室乗務職)として内定を獲得したKさんです。

Kさん 基本プロフィール

生年 / Year of birth
1993

出身大学 / Graduated from
都内私立大学

内定先 / Prospective employer
日系航空会社 客室乗務職 

キャビンアテンダントを目指したのはES締切直前!

Q1:キャビンアテンダントを目指したきっかけを教えてください!
A:CAに興味を持ち始めたのは、就職活動の真っ只中、様々な企業の面接を受け始めた頃からでした。
当初、私は素材繊維・食品・飲料などのメーカーを主に見ていました。学生時代にボランティア活動で訪れた途上国で、生活習慣が原因で多くの人々が栄養失調を余儀なくされている現状を知り、世界中のより多くの人々が健康で幸福な生活を送るための手助けをしたいと考えていたからです。ですが、就職活動を続けるうちに、それらの商材を消費するお客様との距離が遠い事や、入社しても国際的な仕事に関われるとは限らないという事に違和感を感じるようになりました。そんな時に客室乗務員をされている大学の卒業生のお話を聞く機会があり、自分のやりたい事を違った角度から叶えてみようと考えるきっかけをいただいたんです。私自身が直接的に途上国に携わるのではなく、エアライン業界に携わり、国際的にビジネスを広げる様々な企業全体を支える事で、間接的に途上国を支援し続けられるのではと考えるようになりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >