2017/10/05 12:00

志望動機が思いつかない…そんな時の熱意ある志望動機作り3ステップ

興味のある企業に対して、「応募してみたいけど、ちゃんとした志望動機が思いつかない…」と履歴書やエントリーシートを書く筆が止まってしまう人は多いでしょう。そこで今回は、熱意が伝わる志望動機の書き方・3ステップをご紹介していきます。

採用担当者に熱意が伝わる志望動機

「興味がある企業だけど、履歴書や面接で伝えられるだけの志望動機が見つからない・書けない」という人は少なくありません。

しかし、ポイントさえ押さえれば、そんな人でも熱意の伝わる志望動機を作ることが可能です。

まずは下記の2つの熱意を伝えるためのポイントを理解した上で、次のステップへ進みましょう。

(1) 企業の特徴を理解し、「その企業だから伝えたいこと」を明確にしている

最も重要なのが、「その企業だから伝えたいこと」になっているかどうかという点です。業界研究や企業研究を行い、下記のような特徴を踏まえての志望動機を考えましょう。

  •  その企業の事業や社風など、どのようなところに関心があるのか
  •  競合企業と比較してどのような特徴があるのか
  •  業界内での立ち位置はどのような状況か など

どんな企業でも言えてしまうありきたりな内容では熱意はまず伝わりません。企業の特徴を押さえて、携わりたい事業や、挑戦したい働き方などに触れるようにしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >