2017/10/26 12:00

こんな敬語はNG!面接で就活生が間違えやすい言葉遣い・言い回し

ビジネスでは必須の敬語も学生にはあまり馴染みのないものですね。普段、アルバイトなどで間違った敬語とは知らずに使っていて、面接で失敗する学生も多くいます。そこで、間違いがちな敬語や言い回しについて確認しておきましょう。

【面接でありがちなNG敬語1】「了解しました」「参考になりました」

敬語とは相手に敬意を払う言葉遣いのことで、下記の3種類があります。

・尊敬語:主に相手の動作を表現する時に相手を上に見て使う
・謙譲語:主に自分の動作を表現する時に自分の立場を下げて使う
・丁寧語:丁寧にいうことで敬意を払う

ただし、丁寧語は何でも「です」「ます」と丁寧にいえばいいという訳ではありません。大切なのは相手の地位や立場と自分との関係です。丁寧だと思われる言い回しでも、目上の人に対して使ってはいけない言葉があるので注意しましょう。
例えば、「了解しました」や「ご苦労様でした」は同等や下の立場の人に対する言い回しで目上の人に使うと失礼に当たる言葉です。「承知いたしました」「お疲れさまでした」が正しい使い方になります。また、「大変参考になりました」という言い回しも良く使いますが、これも目上の人に対して失礼です。「参考」という言葉は、「相手のいうことや考えを自分の足しにする」という意味があり、自分のために利用するというニュアンスが強くなります。「おかげで学ぶことができた」という感謝の意を込めて、「勉強になりました」という言い回しを使うようにしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン