2017/10/26 12:00

LGBTの就活で悩んだときに読みたい、就活のQ&A 5選

LGBT採用は企業側でもどのように対応するかの共通認識がないことが多く、まだ制度が整っていない企業がほとんどです。LGBTであることが就活の負担にならないよう、LGBTの人が抱えやすい疑問や悩みについてお答えします。

就活の疑問(1)LGBTに理解のある会社はどのように探せばいい?

まずはLGBTに理解があり、社内の取り組み発信にも積極的に取り組んでいる「フレンドリー企業」を探すところから始めましょう。「LGBT 就職」とインターネットで検索すると各企業のサイトから、もしくは「LGBT就活」などのポータルサイトから探すことができます。LGBTの就職に対して情報を発信していない企業でも、採用においてLGBTであることを不問としている企業は多くあります。

前提として、企業に応募する際に、自分がLGBTであると言う義務はありません。入社した後、実際に働くとなったときに、現場の人達にはある程度共有をする必要があるかもしれませんが、まだ合格可否がわからない履歴書やエントリーシートの段階で伝える必要はありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >