2017/10/26 12:00

【理系と文系を比較】就職活動における業界研究の進め方

自分がどのような業界に就職するのかを決めるためには業界研究が大切です。しかし、型通りの方法はなく、人によって業界研究のやり方は変わってきます。そこで、今回は理系と文系に分けて、業界研究の進め方について解説します。

【理系】業界研究を行う前に知っておきたいこと

自分がどの業界への就職を目指すかについて考えた場合、理系の学生の多くが専門分野の業界への就職を考えるのではないでしょうか。確かに、それも決して間違えではありませんが、専門分野の業界だけだと自分の可能性を狭めてしまうリスクが高くなってしまいます

理系の主な職種には、研究開発、生産技術、品質管理、設計、システムエンジニア、技術営業などがあります。しかし、これらの職種は、大学で専攻してきた分野だけで生かせるのではありません。少し視野を広げてみれば、まったく異なる業界でも、専門分野を生かして就職することは可能です。
文系就職のイメージの強い業界、例えば、商社や小売業などでも、研究開発や品質管理などの理系の専門職を置いているところも多くあります。また、文系の業界や職種について研究を進めるうちに、より自分の特性を生かせる職種を見つけられることがあるかもしれません。そのため、理系の就活生は、理系業界に限ってしまわずに視野を広く持つことが大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >