2017/11/24 12:00

文系が理系職志望で就職活動する際のポイントと活躍できる職種とは?

文系から理系職に就くことは可能で、「手に職をつけて働ける」「給料の伸び率が高い」などの理由で人気があります。一方で、ある程度の準備をしておくことも、就職活動を成功させるポイントです。応募できる職種や動向を見てみましょう。

まずは、文系が就職活動で目指せる理系職をチェック!

文系に向いている理系職の一例を挙げると、ソリューションエンジニアという職種があります。これは、お客様の課題解決を技術的な立場から支援し、ハードウェア(機器)、ソフトウェア、ネットワークなどを一元化して提案、導入、管理していくという仕事です。もちろん、ソフトウェアなどを設計するシステムエンジニアや、実際の開発を行うプログラマーにも文系出身者がたくさんいます。

皆さんに身近なWi-Fiや携帯電話基地局など、さまざまなネットワークの設計、構築、運用などを行うネットワークエンジニアという職種もあります。

対人業務の比率が多い職種では、ヘルプデスクテクニカルサポートといった職種も文系出身者に人気です。電話・メールでユーザー(利用者)からのお問い合わせに答えたり、現地に出張して保守や修理などを行う仕事となっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >