2017/11/16 12:00

就活の基本!業界研究でよく聞く「BtoB」や「BtoC」って?

業界研究で目にする、「BtoB」や「BtoC」。どのような意味だか知っておきたいですよね。こういった事業形態を知って、エントリーすることも大切です。業界研究のコツを知って、就職活動を成功へと導きましょう。

業界研究でよく聞く「BtoB」「BtoC」「BtoBtoC」とは

「BtoB」は、Business to Businessの略称です。すなわち、法人の顧客を対象としたビジネスを行う企業を、「BtoB」企業と言います。例えば鉄や繊維などの素材メーカーが「BtoB」企業です。これらの会社の製品は、基本的に一般の消費者が買うことはできません。例えば鉄鋼会社は、自動車や機械などのメーカーに向けて製品の素材や部品を販売しています。
これに対して、一般の消費者向けにビジネスを行うのが「BtoC」企業です。「BtoC」はBusiness to Consumerの略称。化粧品会社や食品メーカーなどが、「BtoC」企業と呼ばれます。例えば化粧品会社の商品は、スーパーや百貨店はもちろん、コンビニやドラッグストアなど様々な小売店に置いていて一般の消費者が買うことができますよね。
さらに、「BtoBtoC」企業もあります。これは、「BtoC」企業を顧客とする企業のことです。商社や流通業が代表的な例です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >