2018/01/16 12:00

人事面接の雑談にはどう対処するのが正解?就活生のお悩み解決法

2.会話のキャッチボールを楽しむ
「面接」と一緒だといって、急に固くなるのも逆効果です。声をかけられた内容にもよりますが、基本的には「会話のキャッチボール」を楽しむつもりで返事をします。普段の会話で少し年上の人から声をかけられたのを想像するといいでしょう。多少砕けた言葉遣いで話しかけられたとしても、友達のように決してタメ口になってはいけません。

3.志望動機や自己PRにつなげる
何をどう返事をすればいいのかが一番のポイントになりますが、心がけとして、常に前向きに考えます。当日の目的は、あくまで第一志望の会社を訪問し、なんとか面接をクリアするためにやってきたと自分に言い聞かせます。世間話の雑談でも、志望動機と自己PRを念頭に置いておくと、いい形で言葉をつなぐことができます。次の項目で、雑談での聞かれやすい質問と回答例を紹介しましょう。

▽面接に関する就活生のクチコミはこちら
面接手応えあったのに落ちたのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

面接の場以外での雑談で聞かれやすい質問内容と回答例

1.「就活は大変でしょう?」
あるいは、「就活は疲れるでしょ?」「今日もスケジュールがいっぱいですか?」といったように、労をねぎらう感じで声をかけられたり、質問されたりすることがよくあります。毎日大変で、忙しいのが普通という前提で声をかけて、就活生の現在の就活状況を聞き出そうとしています。
<回答例>
「はい!でも、今しかできないことなので一生懸命頑張って納得のいく就活にしたいと考えています。本日の御社は第一志望なのでどうぞよろしくお願いいたします。」
「はい!大変ですが疲れは全然気になりません。特に本日は御社から面接の時間をいただき本当にありがとうございます。」
「はい!予定はいろいろありますが、第一志望の御社を中心に絞ってスケジュールを立てております。」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >