2017/11/24 12:00

【生命保険・損害保険の面接対策】よく聞かれる質問&回答例

人々の暮らしと社会を守るお手伝いをする生命保険・損害保険業界。この業界で活躍できるかどうかを見極める面接には、どんな特徴があるのでしょうか?生命保険・損害保険業界での面接でよく聞かれる質問や回答例をご紹介します。

採用担当者はココを見ている!生命保険・損害保険業界担当者が面接でチェックしているポイント

生命保険業界・損害保険業界の仕事には、どちらもさまざまな法律や規則が関わります。生命保険業界なら「生命保険講座」、損害保険業界なら「損保一般試験」からはじまる、さまざまな試験をクリアする基礎的な能力が求められます。
さらに、たくさんの書類や金銭を扱うことから、正確性も必要です。また、生命保険会社、損害保険会社ともに、扱う業務はボーダーレス化しており、金融全般のみならず不動産や資産全般の知識など、常に新しい知識の習得に対する意欲も評価されます。
多くの代理店や顧客に接する業務も多いため、面接では、信頼感のある清潔さや、誠実な姿勢をアピールするよう意識しましょう。自己PRで話をする内容そのものも、もちろん大切ですが、初対面の人でも充分にコミュニケーションがとれる能力、業界に対する熱意など、人間性にバランスが取れているかどうかもチェックされます。また、知識習得能力のアピールも大切です。これにはきちんとした客観的な評価材料(成績や資格取得実績など)が必要ですので、あわせてアピールできるようにしましょう。
アクチュアリーなどのプロフェッショナル職以外は、「何か1つだけに集中した自己PR」に偏りすぎないように気をつけましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >