2018/01/19 12:00

就職先に大手子会社やグループ会社を選ぶメリット・デメリット

5.社会的な信頼感、安心感が得られる
今のご時世大企業だから絶対安泰などということを確約することはできませんが、やはり資本がきちんとしていて会社の経営や社員への配慮なども出来上がっている企業で勤めることは、自分だけではなく、親御さんなどにも安心感を与えることができるでしょう。

▽企業の研修内容についての就活生のクチコミ 
 我が社の研修内容のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

【注意】就職で大手子会社やグループ会社を選ぶ4つのデメリット

子会社やグループ会社にはデメリットもあります。注意すべき点をいくつか紹介します。

1.親会社と完全に同じ待遇ではなく、親会社を超えることはあまりない
会社によると思いますが、よく聞くのは親会社の社員と同じような業務内容で働いているのに子会社で働いているというだけで給与が親会社より低い、という話です。

2.事業の見直しで親会社から売却される可能性がある
親会社の経営が傾いてきたとき、あるいは子会社の業績不振が続いているときなどは親会社が生き残るために子会社を売却したり、子会社同士を合併したりすることがあります。売却された場合は売却先のルールに従って働かなくてはいけません。また、大手企業に買い取ってもらえるかどうかはわかりません。子会社同士で合併した場合には、同じ部署に複数の人員が定員オーバーで配置されることになってしまいますので、部署移動や最悪の場合はリストラや早期退職者の希望を取ることもあり得ます。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >