2018/03/06 12:00

福祉に関する仕事をしたいなら!就職活動で狙うべき職種を解説

社会の役に立つ仕事に興味があり、福祉関係の仕事に携わりたいと思っている人が増えてきています。ひと言で福祉といっても様々な企業や職種がありますよね。具体的な仕事内容を紹介するとともに、資格についての疑問にもお答えします。

就職活動をする前に知っておこう!福祉に関わる仕事の種類にはどのようなものがあるの?

福祉とは、高齢者、乳幼児、障害者などや困っている人たちを助ける社会の仕組みのことをいいます。そして、「福祉の仕事」と言われるものには、大きく分けて次の4つの分野があります。

1.介護の分野
介護とは、日常生活を営むことが困難な人に対して、日々の動作から家事一般、そして健康管理まで、生活の自立を助けることを目的として行う行為のことです。介護が必要な理由としては老齢化によるもの、心身の障害、病気・怪我などがあるので、それぞれの背景に応じて直接的、間接的に補助します。介護福祉士や介護士などが代表的な職種です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >