2018/01/19 12:00

【外資系・金融・商社】インターンシップ面接通過のための極意

インターンシップを開催する大手企業が年々増え、その結果、学生の大手志向がさらに強まっています。学生の競争率も高まることから、選考結果の明暗を分けるのは事前準備だと言えます。インターンシップ面接を通過するために、面接官が見るべきポイントをまとめてみました。

面接官はどこを見る!?インターンシップ面接で評価されるポイント

インターンシップ面接では、企業はその学生が入社してくれることで、「自社に貢献してくれる人物かどうか」すなわち「入社後に活躍してくれそうな人」が面接で評価されることになります。
では、それは具体的にどのような人物で、面接官は何を見て評価するのかと言うと、「この学生と快適に働いていけるか」という視点がベースになります。グループディスカッションでは、主に「コミュニケーション能力」「思考力」が問われ、面接官の質問に対し、適切かつ簡潔に答えられているかが選考基準の鍵となるようです。

外資系企業のインターンシップ面接で好印象を与える自己アピール法

日本文化において、人間関係を築くために必要だと認識されている「謙虚さ」がありますが、外資系企業の面接で謙虚さを振る舞うことは、外国人の面接官には通用せず、却ってマイナスイメージを与えてしまうこともあります。外資系企業の面接で好印象を与えるには、自分の能力に誇りを持ち、面接官にアピールすることが大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >