2018/01/23 12:02

【企業潜入レポ#7】株式会社アマナのプロデュースディビジョンに独占取材!3/3

進藤:その時同期の方は?

岡本:同期は半分が辞めていましたね。

進藤:同期の方が転職された時、自分も揺れるということはなかったですか?
岡本:一般的に節目と言われる3年目の時に転職を実際に考えましたね。そういえば5、6年目の時にもありました(笑)。外の会社から誘われたりもしましたが、同僚や関係性の深かったクライアントに相談をし、客観的な意見を聞いて、アマナのクリエイティブに対するこだわりの強さや、一緒に働いている人の魅力を改めて感じ、この会社で頑張ろうという思いに至りました。数年間別の業界を経験したのち、またアマナに戻ってきた同期もいたりします。それくらい、アマナには他にはない魅力があると思いますね。

アマナのミッション「ビジュアルコミュニケーションで世界を豊かにする」とは

f:id:hito-contents:20180123100119j:plain

進藤:続いてアマナのミッションについて教えてください!

岡本:アマナは「ビジュアルコミュニケーションで世界を豊かにする」という言葉をミッションとして掲げています。そして、社員である私たちは「ビジュアルコミュニケーションエキスパート」です。「ビジュアルコミュニケーション」とは、写真や映像といったビジュアルを活用したコミュニケーションのことを言うのですが、企業には、クライアントやコンシューマー、また自社の社員に向けてなど様々な “コミュニケーション”の形があり、そこには“伝わる”表現にこだわったビジュアルが非常に重要だと考えています。
例えば、現代はデジタル化が進んでいてコミュニケーションの手法も多様化しています。特にこれまでの広告業界ではマス媒体であるテレビや新聞、雑誌、ラジオなどを使って広告を発信することが主流でしたが、デジタルメディアに移り変わってきており、アマナでもデジタルメディアを活用したコミュニケーションにおけるコンテンツ制作を多く手掛けています。身近な例でいうと企業がInstagramなどSNSのアカウントを持ち、SNS上で広告を出しています。アマナでは、その広告の撮影だけでなく、SNS上でどのような表現をすると効果的かといったディレクションも行っています。数十年前には、スマホ上で表示される小さな写真をプロフェッショナルがディレクションするなんて思ってもいなかったことですよね。これも企業がもつコミュニケーションの新しい形であり、そこにもアマナならではのこだわり、価値を提供したいと思っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >