2018/02/09 12:00

【企業研究・サントリー】業界の市場の動向と事業内容を徹底的に解説

飲料、ビール、ワインなどによって会社が分かれるサントリーグループ

いつも飲んでいる缶コーヒーやジュース、あるいは飲み会のビール。飲料・酒類の業界は、就活生にとって身近に感じられる業界ではないでしょうか。しかし、就職先として考えるなら、消費者の視点だけでなくメーカーの視点を持つことが必要です。

サントリーは2009年から、ホールディングカンパニー制に移行しました。ホールディングカンパニーは「持株会社」とも呼ばれ、事業全体の戦略立案や事業活動の支援行う親会社のもとに、複数の企業がグループとして存在する体制です。

サントリーのグループ企業には、主な食品事業の関連会社として、清涼飲料を扱う「サントリー食品インターナショナル株式会社」、「サントリーフーズ株式会社」、酒類の「ビーム サントリー」「サントリースピリッツ株式会社」、酒 類の国内販売を担当する「サントリー酒類株式会社」があります。またビールは「サントリービール株式会社」、ワインは「サントリーワインインターナショナル株式会社」と分かれています。やや分かりにくいかもしれませんが、ホールディングカンパニー制の企業では、グループ企業のそれぞれがどのような事業領域を担っているか把握しておくことが重要と言えるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >