2018/04/20 12:00

インターンシップの感想文でもう悩まない!書き方のコツと例文を紹介

インターンシップ終了後は、できるだけ早いうちに企業に感想文を出しておくこと大切ですが、感想文の書き方が分からずどうも苦手という学生も多いようです。そんな学生に、スラスラ書ける感想文のコツと例文を紹介しましょう。

感想文の書き方のコツ1:適切な構成案の作成

まず何から書いたらよいか分からない人のために、文章の基本的な構成について説明します。特に様式の指定がない場合には、序論・本論・結論という順番で構成を意識して書くと、まとまりやすいでしょう。以下に、それぞれの内容とポイントを紹介します。

1.序論

序論は、感想文の書き出しです。今回のインターンシップに参加してのお礼から始め、そのインターンシップ参加を決めた理由、参加しようと思った時の決意、そして学ぼうと思った内容を書きます。ポイントは、なぜその企業を選んだのかという理由を明確にすることです。

2.本論

本論は、今回の感想文のメインです。参加して初めて知った企業の魅力・特徴、もっともやりがいを感じた点、体験させてもらってことについては感動したところなどを述べましょう。本論のポイントは、抽象的にならないよう、どれも具体的に書くことです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >