2018/05/22 12:00

ポイントは3つ!インターンシップ面接の自己PRでやるべきこととは

インターンシップの面接に通過するためには、自己PRは避けて通れません。自己PRは「自分を売り込むチャンス」ですが、一歩間違えると逆に「自分は採用しないほうがいい」とアピールすることになってしまいます。ここではそうならないために「やるべきこと」と「やってはいけないこと」を解説します。

まず押さえるべき3つのポイント

  1. 自分は何の力を伸ばしたくて、もしくは何のどんな知識を得たくて参加するのかを説明する。
  2. 今までしてきたことを伝える(高校以降のエピソードを選ぶ)。
  3. 最も輝いている自分をアピールする。

「どうしてその会社で働きたいのか」を伝える採用試験の面接とは違い、インターンシップの面接は「どうして自分がインターンシップに参加したいと思ったのか」を伝える場です。自己PRもこの志望動機に沿う内容にする必要があります。

この自己PRには2~4の要素を必ず盛り込むようにします。第1に自分が今までの二十数年の人生で、実際に体験したことを伝えます。「これからやっていきたいこと」よりもこちらの方が優先です。第2に話題の鮮度をよく吟味して伝えます。小学校の頃に野球のリトルリーグで世界一になっていたとしても、それではあまりにも古すぎます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >