2018/02/20 12:00

介護士に転職するには?超高齢化社会が介護士ニーズの追い風に

世界でも稀な超高齢化が進む日本。4人に1人が65歳以上という現状では、老人介護の問題は待ったなしの状況です。人手不足や若い人材がいないなどといったイメージがある介護業界を、さまざまな角度から見ていきます。

未経験でも転職は可能!でも職種によっては資格が必要に

近年、日本では急速な高齢化に伴い、デイサービス施設などの高齢者のための居宅サービスや訪問介護を利用する人が急増しており、介護業界は常に人手不足に喘いでいる状態です。今後の介護ニーズを考えると介護需要の縮小などは考えにくいため、介護士は比較的安定した職業と言えるでしょう。

介護士が未経験でも介護業界の仕事経験者であれば、採用率は高まる可能性は大いにあります。また、介護業界は深刻化する人材不足を解消しようと、業界未経験者の募集も積極的に行っていることから、業界未経験者でもやる気さえあれば転職可能であることも事実です。

しかし、高齢者・介護者と接するというデリケートな仕事の性質上、誰でも入れるという業界ではありません。面接では、人を助ける仕事とも言える介護職に対する意気込みや、モチベーションがあるのかを確認されます。また近年では、職員が介護を必要としている人に対し、暴力を振るう、お金を盗むなどの事件が増え、メディアを騒がせていることもあり、採用に対する目も厳しくなってきています。そのため、下準備は必要不可欠なのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >