2017/11/12 14:00

「ちーがーうーだーろー!」100年の恋も冷める、残念男との恋愛エピソード

「ちーがーうーだーろー!」100年の恋も冷める、残念男との恋愛エピソード
「ちーがーうーだーろー!」100年の恋も冷める、残念男との恋愛エピソード

先日、2017年流行語大賞のノミネートが発表されました。予想通り、この言葉も候補になりましたね。

理不尽に浴びせるのはいけないことですが、思わず相手に「ちーがーうーだーろー!」と叫んでしまいたくなるほど、がっかりした経験はありませんか?今回はそんな「残念な恋愛エピソード」をお届けします。

■スペックはいいのに:器の小さい男

再婚相手を探していたA子さん(37歳・飲食)。次は愛情よりお金と割り切ってお金持ちの年上男性とデートを重ねていたそうです。

「ある日、旅行に誘われ、行くかどうか迷ったけど、もしかしたら好きになれるかなと思って行くことにしました。でも、旅先で2人でエステを受けることになり、そこで施術用のアンケートに記入した彼の生年月日を目にしてびっくり。最初に聞いていた年齢ではなく、自分の親と同い年だったのです」

嘘をついていたことにちっちゃい男だなと感じ、その旅行を最後に会わなくなったとか。A子さんのご両親は若いほうだったそうですが、相当サバを読んでいたのですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >