2018/04/14 15:00

夫婦はなぜすれ違う?心理学に見る「帰りたくなる家」を創るために必要なこと

夫婦といえども違う人間ですから、いつも気持ちがぴったり一緒というわけにはいきません。そのため、どんなカップルにもボタンのかけ違えは生まれます。

ただ、最初は小さなすれ違いでも、時間の経過と一緒に「不満」に成長するんですね。
この「不満」は、2種類あります。
自然に消滅するものと、どれだけ時間が経過しても消えることなく、やがて大きな「溝」に発展するものです。

後者の場合、自然に修復されることはありません。時が経つにつれ、愛情や誠実意識が薄れてしまい、浮気を招いたり関係が壊れたりといった事態を呼び込んでしまうのです。

■すれ違いの根源にあるもの
ではなぜ、すれ違いが生まれてしまうのでしょう。
それは男性と女性とで、結婚における認識に違いがあるからです。

男性は、結婚において「現状キープ」を求めがち。多くの男性には、好きな女性を確実に手に入れる=結婚という「所有原理」の発想があります。
そのため、結婚した時点で「喜び」がひとつのピークを迎え、このピークを継続したいという思いから、伴侶に対して結婚当時のままの外見や性格でいてほしいと願うんですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >