2018/04/14 15:00

夫婦はなぜすれ違う?心理学に見る「帰りたくなる家」を創るために必要なこと

一方、女性は、結婚に「高次元なパートナーシップ」を探求します。女性の多くは「関係原理」で考え、結婚=新しい関係性のスタートとして捉えるんです。
そのため伴侶に経済力・高い貢献度・コミュニケーション能力を期待し、しかも日々、自ら躍進していくことを求めます。

所有原理と関係原理、この違いが顕著であればあるほど、すれ違いが生まれやすくなるのです。

■幸せの分析
重要なのは、そのような原理の違いがあると知り、その上で、改めて「幸せの在りかた」を二人でじっくり模索する姿勢です。

女性にありがちなのですが、「目標水準」が高すぎるとマイナス要素ばかりに目がいってしまい、現状を正確に把握できなくなります。
“理想”と結婚するわけではないのですから、「自分が望むレベル」への固着を捨てるべきです。

男性においては、何の努力もなしに「愛情レベルをキープ」することは不可能と悟るべきでしょう。関係継続のために必要な努力と変化の許容を理解し、受け入れる必要があります。ここまでできて、ようやくスタートラインです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >