2019/01/17 11:55

男が本気で惚れている女にだけ許してしまうこと【恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門17】

数々のWEBメディアで恋愛コラムを執筆し、恋に悩める女性たちを救済してきた恋愛マイスター・ひとみしょう。独自の恋愛論で男心を解説します!

■恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門17
20代前半くらいの男子は、本気で惚れた女子に対して「ある(存在している)」ことをアピールするのに対し、20代後半から30代くらいの男は「ない」ことをアピールします。

■「ない」ことの証明・「ある」ことの証明
たとえば20代前半の男子は、本気で惚れた女子に対して、「俺には夢がある」と言います。ミュージシャンになるのが夢だ、と語る男子もいれば、30歳になったら会社を立ち上げるという夢を語る男子もいますよね。ブランドものの時計を所有していることを自慢する男子もいるでしょう。
あること、つまり、何らかの価値がありそうなものを所有していることを、必死になって惚れた女子にアピールするのが若い男子。

もう少し歳を重ねてきたら、今度は「ない」ことを、切実にアピールするようになります。「彼女? いないよ。だから付き合ってよ」とか。「借金? ないよ」とか。「親の介護? ない、ない! そんなのもっと先の話だから」とか。「ない」を証明するのは「ある」を証明するより難しいので、必然的に彼は必死になります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >