2017/05/31 10:15

あの二人はデキ婚じゃなくても幸せだった?宿曜で占う「授かり婚カップルの相性【恋占ニュース】

あの二人はデキ婚じゃなくても幸せだった?宿曜で占う「授かり婚カップルの相性
あの二人はデキ婚じゃなくても幸せだった?宿曜で占う「授かり婚カップルの相性

いわゆる“デキちゃった結婚”をして、当初は「大丈夫なの?」「すぐ離婚するんじゃ…」なんて噂をされたものの、今はかなり円満な結婚生活を送っている。そんなカップルっていますよね。

彼らはデキ婚ではなかったとしても、もともと幸せになれる相性だったのでしょうか?それとも…!?

占いサイト「魔性の宿曜」監修者である宇月田麻裕先生に、“授かり婚”をした3組の芸能人カップルの相性を宿曜占星術で占っていただきました。

■デキちゃった結婚をしたのは正解

杉浦太陽さん(1981年3月10日)×辻希美さん(1987年6月17日)

杉浦太陽さん(1981年3月10日)は畢宿。辻希美さん(1987年6月17日)は壁宿。危成の中距離の関係です。相性自体はいいとはいえませんが、違う感性の持ち主同士なので、最初に出会った頃は関心度が高く、魅力を感じる相手ではあります。
ただし、このカップルの場合には、長い時間を二人で過ごせば過ごすほど関心度が低くなり、興味が薄らいでいきます。ですから結果的に、デキちゃった結婚をしたのは正解といえるでしょう。
また、辻さんが壁宿ということで、杉浦さんのサポートをしっかりとしていきます。その結果、年下といえども、心強い味方が近くにいてくれるという安心感が彼の中で生まれていき、結婚へと至ったのでしょう。
なお、二人の関係を持続させていくカギは、家族と仕事上でメリットがあること。もし、この二つのカギが崩れるようなことがあるならば、関係が壊れていく可能性もあります。また、二人が結婚した2007年は「壊」と「衰」。お互いに運気が弱い年だったため、心の支えと潤いを求めての結婚だったといえます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >