2017/08/24 10:20

日傘をさしても焼けるのはなぜ?本当に日焼けしないパラソルの選び方

日傘をさしても焼けるのはなぜ?本当に日焼けしないパラソルの選び方
日傘をさしても焼けるのはなぜ?本当に日焼けしないパラソルの選び方

夏も終わりに近づいていますが、まだまだ日差しが強い日もありますよね。そんな時期の必需品「日傘」をキチンと選んでいますか?

デザインと価格でチョイスしている人が多いかと思うのですが、実は日傘にはいろいろな規格があって、日光を遮断するのは「一級遮光日傘」というものなんですよ。

えっ?何それ?知らない!という人のために、今回は日傘のあれこれを詳しく解説します。

◆日傘を選ぶときはココをチェック

まず、日傘をよく見ると「UVカット率」が書かれています。これは文字通り、紫外線をカットする効果なので、UVカット率が高ければ高いほど、日焼けしにくいってことになります。

そして「遮光率」。こちらは可視光線という人間の目に見える光を遮る率です。日よけのためには、遮光率を参考にしてください。

「遮光一級日傘」とは、遮光率99.9~100%で光を通さない生地を使った日傘のこと。他のものと比べてお値段は高めです。

◆シチュエーション別に日傘を選ぶ

春先から初夏にかけては、UVカット率の高い一般の日傘で充分だと思います。ただ、真夏の猛暑日や日差しが強い時間帯に外に出る場合は、遮光率の高い日傘を選ぶのがおすすめ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >