2017/09/12 10:15

「大好きな彼に好きになってほしい」マダム・セリカの恋愛相談 第6回【恋占ニュース】

恋愛の悩み、親しい友人にも打ち明けづらいときってありますよね。
自分を分かってくれる相手のアドバイスが欲しいこともあれば、客観的な意見をもらいたい場合も。相談するって、なかなか難しいもの。

そんなとき、占いはハッとするような視点をくれることがあります。ここでは政治家、企業家、芸能人など各界に顧客を持つ人気の占い師で、占いサイト『マダム・セリカ未来予言』の監修者でもあるマダム・セリカさんが答える、恋の相談をご紹介します。

■告白したら振り向いてもらえる?

ご相談者
れいさん(25才)

いつも先生のアドバイスを参考にさせていただいております。

職場に憧れていて、大好きな人がいます。その人がいてくれたから、今の自分があると言っても過言ではないほど、強く影響を受けていて、尊敬している人です。

私は大好きでそばにいたいのですが、最近彼に彼女がいることがわかりました。 彼の幸せは壊したくありません。でもできれば私を好きになってほしいし、これから先支え合っていきたいです。

そんな彼は秋に転勤がきまっており、遠くへ行ってしまいます。
私は告白するべきでしょうか?また、告白したら振り向いてもらえるでしょうか?よろしくお願いいたします。

■昨年は二人が縁を結ぶのに最良の年だった!?

れいさん、こんにちは。セリカです。
彼との相性はとても良いですね。れいさんが彼を尊敬しているように、彼もまた自分に応えてくれるれいさんに対して、好意以上の気持ちを持っています。その彼がなぜ昨年、れいさんを選んでくれなかったのでしょう?

昨年は二人が縁を結ぶのに最良の年でした。あるいは既にその時、彼女とのお付き合いが始まっていたのでしょうか?

彼には、昨年から「結婚」の星が巡っています。また、秋には彼が遠くへ転勤することも決まりました。
このことを期に彼女との結婚を考えている可能性もあります。彼の宿命から彼女のことを割り出すと真面目で責任が伴わない行動は許さない人です。
遠距離恋愛で堪え忍ぶタイプではなく、結婚か別れかを迫る強さのある人です。

「最近、彼に彼女がいることがわかりました」とありますが、彼から聞いたのですか?
そうであれば彼は、れいさんにも自分自身にもケジメをつけたのでしょう。慕ってくれているれいさんへのせめてもの誠意なのでしょう。

二人とも相手まかせ、成り行きまかせのところがあって、自分の力で実りを手にする勇気と行動力がなかったことが残念です。
れいさんはお母さまが守護身(運勢を良い方向に運んでくれる人)なのでご相談されることをオススメします。
気持ちをしっかり持って、前向きに進んでくださいね。

マダム・セリカ

大好きな人を前に、なかなか勇気が持てず行動ができないことってありますよね。自分の運勢を前もって知り、行動できれば素敵な未来が待っているかもしれませんね。

監修者紹介

マダム・セリカ
東京都在住。万博VIPセクレタリー、大臣秘書の職歴をもつ。中国占星術(鬼谷算命学)を基礎から奥義に至るまで学び、気学、宿曜占星術、手相、人相、タロット、カバラなど運命学全般の研鑽を積む。その丁寧で的確なアドバイスで、政治家、企業家、芸能人など各界に顧客を持ち信頼が厚い。さらに自らの職歴や子育てをもとに働く女性や母親たちを後押ししており、あたたかな励ましと癒しのトークに人気が高い。
個人鑑定、企業へのコンサルティングや講演、TV、ラジオに出演のかたわら雑誌などに執筆、各プロバイダーの占いサイトや携帯サイトなども監修。開運メイクアドバイスも好評。スクールで後進の育成にも力を注いでいる。

現在、渋谷にて対面鑑定を実施中。問い合わせはhttp://starmark.asia/(PC・携帯から)

モバイルサイト

マダム・セリカ未来予言

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >