2017/10/11 12:30

『罪と罰』は、まさにデスノート×ギャルゲー!?⑤【ラブホの上野さんの「オタクにモテてもしょーがない」第6回】

『罪と罰』は、まさにデスノート×ギャルゲー!?⑤【ラブホの上野さんの「オタクにモテてもしょーがない」第6回】
『罪と罰』は、まさにデスノート×ギャルゲー!?⑤【ラブホの上野さんの「オタクにモテてもしょーがない」第6回】

『ラブホの上野さん』でもおなじみ!Twitterで20万人以上のフォロワー数を誇るラブホスタッフ上野さんが、アニメや漫画、文学作品から学び取れる、現実世界でも通用する"モテの極意"を解説します。参考になる点も、反面教師にしたい部分も、上野さんならではの冷静な目線でズバズバ切り取ります。オタクにモテるだけじゃない、普遍的なモテの真髄がそこにあるはず…!?

■中二病の成れの果て ラスコーリニコフ

せっかくなので、ここで少し『罪と罰』の本質についてお話をさせて頂きましょう。
 
『罪と罰』の主人公であるラスコーリニコフを物凄くシンプルに表現すると「中二病」で御座います。
 
もちろん彼の苦悩は中二病とは一線を画すものですが、その本質は中二病とあまり変わりません。
 
突き詰めれば、彼は世界で生きている凡人と自分は違う生き物であることを証明したかっただけなのです。割に合わない労働をし、資本家に搾取されているバカな労働者と自分は違う。神を信じる愚かな民とも違う。自分は選ばれた存在だと思いたかったのです。
 
しかし、現実的には彼は平凡な一般人でした。夜神月と違い1人や2人を殺した程度で苦悩してしまうところがその証拠でしょう。善悪はともかくとして何万人も殺して平然な顔をしていた夜神月とは人としての器が違うのです。
 
ですが、彼はただただ「自分が選ばれた存在」であると思いたかった。だからこそ「凡人」がしない行動を続けて「自分は特別である」と思いたかったのでしょう。普通は大学生くらいで「あ、俺、凡人だわ」と気がつくのですが、そのことに気がついても信じたくなかった中二病の成れの果て、それがラスコーリニコフで御座います。
 
個人的な見解としては、こういう実際には何も手を動かさないくせに人を見下して、自分は特別だ、と思い続けているタイプの男は恋愛相手として非常に問題があるので決してオススメできません。が、残念ながらそういう男性にハマってしまう女性が多いのは残念です。
 
おそらくこんなことを書くと「どうやってそういう男を見分けるのですか?」と質問を頂くことと思いますが、そんな方法は不要でしょう。そういう男性のことを好きになる女性は「きちんと見分けた上で」彼らを選んでいるのです。
 
ダメンズばかりと付き合ってしまう女性は「正確にダメンズを見分けて付き合っている」のですから、眼を養うのではなく、好みを変える必要があるでしょう。ですがもし、どうしても好みを変えられないのならば、そんなダメンズを非ダメンズに成長させる必要があるのです。
 
というわけで、3人目の女性にして、本作のメインヒロインである「ソーニャ」のお話をさせて頂きます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >