楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/30 13:00

スリランカのウェリガマの“竹馬漁” ほそ~い竿に乗ってのんびり魚釣り

#186 Weligama
ウェリガマ(スリランカ)


いい波が訪れるスリランカ。サーファーに人気のビーチです。

 “インド亜大陸の涙のひとしずく”と称され、シンハラ語で“光り輝く島”を意味するスリランカ。ちょうどティアドロップ形をした島の、南端に位置するマータラ県のビーチを今回はホッピング。


スリランカ南部へは、電車やタクシー、チャーター車で行くのがポピュラー。地元向けの長距離バスを利用する人も。

 まずは、コロンボから南へ約164キロに位置するウェリガマへ。車は延々と海岸線を飛ばしていきます。


築100年以上の民家。中は美しい漆喰や分厚い壁が、建てられた当時のまま残っています。

 車窓から眺めたスリランカは、ワクワクが詰まった不思議ワールドでした。カラフルにペイントされた長距離バスや、サーフボードを10枚以上も載せたトゥクトゥク、サロン姿の男性のまたがる自転車が行き交っています。


店先にフルーツがたくさん! サロン姿の女性をよく見かけます。

スリランカの地元グルメ“コットゥ”のお店、MFCレストラン。ウェリガマとメリッサの間で発見。

 道端にはランブータンを山盛りにした屋台や、かわいい丸まったシンハラ文字の看板。そして何よりも目が釘付けになったのが、道端に飾られた仏像です。きらめくネオンを背負った仏像や、レースのカーテンで飾られたガラスボックスに鎮座する仏像、とにかくど派手。楽しい異文化体験です。


夕暮れ時のウェリガマ近くの風景。

老若男女が波乗りを楽しむ
サーフタウン


波を見定めて、さっそうと海へ向かう女性サーファー。

 ウェリガマはグッドウェイブを求めて世界中からサーファーが集まるサーフタウン。スリランカの西海岸のヒッカドゥアに比べると、やや熟年層を含み、落ち着いた雰囲気を感じます。


ビーチから一段高くなったカフェでサーファーをウォッチング。

 小高い丘の上で海を見ていると、バイクの脇にフックでサーフボードを載せたサーファーが次々とやってきては、波をチェック。しばらく眺めては去っていく人もいれば、さくさくっと準備をしてボードを抱えて海へ降りていく人もいます。


ひとつの波を何人かで乗ってしまうことも。

コロンボまでトゥクトゥクを手配して帰る人も。

 1ラウンドを終えて、のんびりできるバー&民宿もあります。


スリランカのビーチはどことなく、薄茶色にフィルターがかかって見えるのが不思議です。

竹馬に乗った漁で
悟りの境地に至る?


こちらが竹馬漁。竿の上に座り、延々と魚を待ちます。

 ビーチを散策していると、やはり気になるのが、この界隈で名物となっている竹馬漁の漁師さん。足を引っかける小さな杭と座面を施した2~3メートルの竿を浅瀬に突き刺し、サバやイワシを狙うのです。

 エリアによっては何十本もの竿が海に突き刺さっている漁場もあります。

 このユニークな漁法が誕生したのは、第二次世界大戦の頃。

 食糧不足と漁場の混雑から、賢い漁師の数人が海の中で釣りをすることを思いつきました。最初は沈没船や沈飛行機の上で行っていたのが、直立する竿を使うように。

 今でもウナワトゥナからウェリガマの間の約30キロのエリアでのみ、このスタイルが残っているそうです。


魚がやってくるまで、ひたすら忍耐。

 竹馬漁をやっているリラーラットさんに、岩場から声をかけてみました。

 朝7時から釣り糸を垂らしているけれども、(昼近くになっても)まだ何も釣れない、16時までここでこうしている、とのこと。お弁当を入れた袋を竿にさげて、日がな一日、竿の上で漁を続けることを16歳から53歳の今でも続けているという彼、穏やかな顔をしていました。


こちらが釣り針。このところ竹馬漁も観光化が進み、500ルピーで写真撮影や竿に乗れることも。

 この竹馬漁がユニークなのは、竿に乗るスタイルばかりではありません。なんと釣り針に餌が付いていないのです。リチウム製の針が水中できらきらと光を放ち、それにつられて食いつく魚を狙うのだとか。竿に乗って、餌の付いていない針で、いつ来るかもわからぬ魚を待つ、悟りの境地です。

知られざるローカルフード
“コットゥ”とは?


メリッサビーチのレストラン。バンガローも充実している、近頃人気のビーチです。

 ウェリガマからさらに南下したメリッサビーチは、旅行口コミサイトのアジアのビーチベスト25にランクインした、これからブレイクしそうな存在です。

 夕暮れ時になると、オンザビーチのレストランはリゾーターで大繁盛、歩いて渡れるパロットロックでは夕日を見ようと、よじ登る人々も。賑やかながらも、岬の突端には隠れ家的なシークレットビーチやサーファーが集まる宿など、穴場感も残っています。


波打ち際近くの、登ることができる巨岩パロットロック。

 そして、今回のガイド&ドライバーのハル君にはスリランカのローカルフードもいろいろと案内してもらいました。


こちらが“コットゥ”。クセになる味です。

 たとえば、“コットゥ”。


カットした野菜の中央にスパイスや卵を投入。

 その場で野菜やチキンをみじん切りにしたものを、鉄板の上で土手状にし、スパイスや卵を加えて、ロティを投入、秘伝のオイルを加えてごちゃごちゃに混ぜます。


ロティを加えた後、カンカンカンカンと小気味いいリズムで、みじん切りにしながらミックスしていきます。

 ひと口ごとにいろんな味が交わり、オイルの風味もクセになり、ボリューミーながら、あっという間に完食。

 カレーだけじゃない、ハル君が教えてくれたスリランカの激うまローカルフード、またの機会にご紹介しますね。

ウェリガマ

●アクセス コロンボから車で約3時間
●おすすめステイ先 タプロバネ・アイランド
http://www.taprobaneisland.com/


古関千恵子 (こせき ちえこ)

リゾートやダイビング、エコなど海にまつわる出来事にフォーカスしたビーチライター。“仕事でビーチへ、締め切り明けもビーチへ”をループすること1/4世紀あまり。世界各国のビーチを紹介する「世界のビーチガイド」で、日々ニュースを発信中。
「世界のビーチガイド」 http://www.world-beach-guide.com/

文・撮影=古関千恵子



【関連ニュース】
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >