楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/03 23:30

メトロポリタン・オペラの舞台が ライブビューイングで日本にも上陸!


 新演出された《ポギーとベス》で今シーズンの幕を開けたメトロポリタン・オペラ(通称MET=メト)。オープニングガラで上演された《ポギーとベス》は、あの「ニューヨークタイムズ」も「卓越した舞台」と大絶賛の劇評を載せました。

 その舞台が、嬉しいことにニューヨークに行かなくても日本で観ることができるのです。

 それがMETライブビューイング(Live in HD)。舞台の迫力をそのままに、ハイクオリティな映像で上演作品が配信されます。

 オペラ上演を世界中の映画館にデジタル配信するという試みは、メトロポリタン歌劇場総裁のピーター・ゲルブ氏の発案により、オペラ聴衆の拡大を目的に2006年に始められました。

 5.1chサラウンドの音響と、10台以上のカメラを駆使したダイナミックなライブ撮影で、オペラの魅力を余すことなく伝えます。

「2006年にMETに就任し、現代のテクノロジーを持ち込んでシネマ上映ができないかと考えました。それまでにMETの舞台のテレビ放映を手がけてきたので、ライブビューイングを作ること自体は簡単でしたが、もっとも難しかったのは歌手を説得することでした。アーティストにとっては劇場の観客だけではない、大勢の人たちに見られるというストレスがあり、それを彼らのためになることだからと説得する必要があり、さらにMETで働く組合員たちにも納得してもらわなくてはならなかったのです」

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >