2017/12/16 14:00

渋滞イヤだ! 駐車スペースがない! ペンキを片手に「道路標示」を勝手に描き足す人々

 中国の都市部では渋滞が年々深刻化しているが、その理由は、自動車所有率が増加したことだけではない。人々の交通マナーの悪さも一因にある。譲り合いの精神というものが希薄なこともあり、合流箇所や右左折などでつかえてしまうのだ。ほとんどのドライバーが“自分ファースト”だから起きるわけだが、さらにその上を行く猛者もいる

「澎湃新聞」(11月30日付)によると、江蘇省連雲港市で、道路標示を描き足すという大胆な男(28歳)が現れた。現場は、同市内の片側3車線の交差点。中国では自動車は右側通行だが、その3車線の左端のレーンには左折と転回の矢印が表示されていた。

 男は出勤する際、バスでこの交差点をよく通っていたが、ひどい渋滞にうんざりしていた。それを解消するべく、左折レーンに白のペンキで直進の矢印を付け足したのだ。しかも犯行を行ったのは、まだ明るい日中。あえなくパトロール中の警察官に発見された。

 調べに対し、男は「この道は交通量が多い一方で、左折するクルマはそれほど多くなかったため、直進レーンを増やすべきだと考えた」と弁解した。そんな言い訳がまかり通るはずもなく、男は1,000元(約1万7,000円)の罰金を言い渡された。あってはならない事件だが、ネットでは意外にも「彼には才能がある」「この交差点の設計自体が合理的でない」と、男を擁護する意見が圧倒的に多かった。交通規則への不満の表れだろうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >