2017/12/26 18:00

2匹のピットブルは、なぜ飼い主を噛み殺したか──地元紙が伝えた“悲劇”の詳細

 米バージニア州グーチランド郡の森の中で、22歳の女性が変わり果てた姿で発見された。警察の発表によると、彼女は家で飼っていた2匹のピットブルと散歩に出かけたところ、犬が彼女を襲って噛み殺したというのだ。

 飼い犬に手を噛まれるという言葉があるが、飼い主が愛犬2匹に命を奪われたという事実を受け入れられない人は多く、ネット上では「真犯人は別にいる」とする噂が広がっていた。

 そこで、捜査にあたった地元治安当局は、事件の生々しい詳細を公表した。

 被害女性のベサニー・リン・ステファンさん(22歳)は12月12日、2匹の飼い犬を連れ、散歩に出かけてから行方不明となっていた。その2日後、彼女の遺体は森の中で父親によって発見された。

 通報を受けて駆けつけた治安当局者は、そこで衝撃の光景を目の当たりにする。なんと彼女の飼い犬2匹が、彼女の胸郭あたりを貪り食っていたというのだ。

 彼女の遺体に複数の防御創があり、頭蓋骨に残された噛み跡が犬の歯型と一致したという。一方で、人間による暴行や刃物で刺されたり銃で撃たれた形跡は見られず、性的暴行を受けた可能性も認められなかったことから、警察は被害女性が2匹の犬に噛み殺されたと断定した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >