2018/05/21 14:00

米GAPだけじゃない! 外国企業にとって「中国地図」は鬼門!?

 米カジュアル衣料品大手ギャップ(GAP)が、中国で炎上騒ぎを起こしている。香港メディア「東網」(5月17日付)などによると、問題となっているのは中国人留学生がカナダのアウトレットで見つけたGAPのTシャツ。そこに描かれていた中国地図から、台湾やアクサイチンなどチベットの一部、南沙諸島といった、同国が領有権を主張している地域が抜け落ちていたのだ。その留学生が14日、中国版Twitter「微博(ウェイボー)」に投稿したことから騒動に発展した。

 あまりの反響の大きさに、GAPの中国法人「盖璞集団」はその日のうちに微博の公式アカウントを通じて声明を発表。「中国の主権と領土保全を尊重する」として謝罪するとともに、現在内部調査を行っており、早急に誤りを改めると表明した。また、当該商品を中国市場から撤去するとした。

 しかし、中国人はこれに納得できないようだ。「回収するのは中国だけで、ほかの国はそのまま?」「なぜ全世界で回収しない」「そもそも、中国地図をデザインする必要があったの?」などと不満が噴出した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >