2017/10/21 17:56

危篤になったら。かける言葉、お見舞の方法とは?

親友や会社の同期の家族が危篤状態になったと聞いて病院へ駆けつけた時、親友やその家族に対してどんな言葉をかければいいでしょうか。そもそも危篤とはどういう状態なのか。お見舞いしていいのか、お見舞いする時はどんなことに気をつけるべきか。危篤の知らせを聞いた時に、どう対応したらいいのかを解説します。
危篤とはどのような状態をいう?
危篤です。今すぐ来て下さい」。

テレビドラマや映画でこのようなセリフを聞いたことがあるかもしれません。

そもそも危篤とはどのような状態をいうのでしょうか。

危篤とは、医師の目から見て回復の見込みが低く、もう間もなく死亡の状態になると判断されたときです。極稀に危篤状態から回復することもありますが、一般的には医師が危篤と判断し、家族を呼び出した場合、数時間以内にお亡くなりになるようです。

医師にとって危篤と知らせて家族を呼ぶのは状況が相当差し迫ったときです。危篤だと言って何度も呼び出すわけにいかないからです。
危篤の方のお見舞いのマナー
危篤の際には家族や親族以外はお見舞いそのものを控えるのが一般的です。なぜなら、危篤の場というのは「最期を看取る」場でもあります。通常の入院のお見舞とは違うのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >