2017/10/23 15:06

弔辞の例文、NGワードなど。心を込めて伝えるために知っておくべき弔辞の作法

身近な方が亡くなったときには喪主から弔辞を依頼されることがあります。弔辞の依頼は故人と生前にかかわりがあった、多くの人の中から選ばれるものです。そのため、弔辞の作成や朗読は、あくまで代表者として引き受けるものとかんがえましょう。また、喪主から弔辞に署名を求められた場合は、自分の名を記すのではなく、連名や札名で署名するのがマナーです。ほかにも弔辞の作成には知っておくべき、いくつかの作法があります。弔辞はそれらの作法を踏まえたうえで作成するようにしましょう。
弔辞を頼まれたらどうしたらいい?
親しくしていた人が亡くなった場合は、葬儀に際して弔辞の作成を依頼されることがあります。弔辞は故人にささげる、お別れの挨拶です。したがって遺族もよく考えたうえで依頼する人を選んでいます。そのため弔辞を依頼された場合は、よほどの理由がない限り引き受けるのがマナーです。弔辞は故人だけではなく、のこされた遺族や友人たちへの大きな慰めにもなります。それほど難しく考えることなく、素直な気持ちをつづるようにしましょう。
弔辞の文章のポイントとは?


今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >