2017/10/25 14:12

「檀家を辞めたい!」知ってるようでしらない、檀家のなりかた、辞め方。その方法とメリットとデメリットについて

かつて日本では先祖代々の家に住み続け、先祖のお墓を守り続けるという習慣がありました。そのため、お墓を管理している寺院の檀家になり葬儀や法事を行うのが通常でした。しかし核家族化が進むことで、そのありかたにも変化が見られています。これまで檀家であることが当然であると考えていた人も多くみられますが、実は仏式の葬儀や法事を行うのに必要はありません。檀家とはどういうものであり、やめることはできるのか。今回は檀家について詳しく説明します。
そもそも檀家とは何?
檀家というのは特定の寺院に所属している家のことを指します。「ダーナパティ」というサンスクリット語から来た言葉であり「寺や僧を援助する庇護者」という意味があります。また浄土宗においては「信徒」、浄土真宗では「門徒」とも呼ばれています。日本では江戸時代に「寺請制度」が施行され、全ての世帯がどこかのお寺の檀家になることを義務付けられました。それが檀家制度の始まりです。檀家は寺院の運営を支えるため、葬祭供養を寺院に任せる変わりにお布施として経済的な支援を行います。しかし、現代においては核家族化が進むことで檀家でない人もみられ、自分が檀家であるかどうかが分からないという人もいるでしょう。ただ、お墓が寺院にある場合には檀家になっている可能性が高いと言えます。
檀家にはどうやってなるの?


今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >