2017/10/26 11:19

誰がなるべき?喪主と施主の違いと役割について

お葬式のときには、必ずと言ってよいほど喪主や施主を決めるプロセスが発生します。このようなときに喪主や施主といった言葉を聞いても、いまひとつ違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。表現が異なるだけで特に違いはないのでは、と認識している方も少なくないでしょう。ここでは喪主と施主がどのように違うのかやそれぞれの役割などを具体的に取り上げてご紹介していきますので、お葬式の際の参考にしてみてください。

 
誰がなるべき?喪主の役割
その葬儀を代表して、故人の供養全般を担うのが喪主です。ゲストへの対応や葬儀社との相談を行うのも喪主の役割の1つです。一般的には故人の配偶者や親、子供などの家族が喪主をつとめますが、適任者がいない場合は、血縁関係の近い叔父や叔母などの親族が引き受けることもあります。葬儀の中では、ゲストや僧侶に対する喪主の挨拶が必要になります。従って、家族、親族がよく話し合った上で適任者を選ぶのが良い方法です。家族や親族がいない場合は、友人や知人が喪主をつとめるケースも見られます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >