2017/10/26 11:30

法事の時に着る服装。年代別、性別にご説明します。

人生の最後に必ず訪れる別れ。そしてそのほとんどは突然であったり、予測のつかないことが多いものです。
家族や親せき、上司や友人、さまざまに関わってきた人との別れは辛いものですが、お通夜と葬儀、初七日、四十九日、一周忌など故人とのお別れや故人を偲ぶ行事は長い間続きます。故人を偲ぶとともに大切な儀式である法事に出席する時には、どのような服装で出席すればよいのでしょうか。
法事にはそれぞれ意味があり、そのタイミングごとにふさわしい服装があります。法事の時に着る服装について解説します。

 
葬儀・通夜の服装
葬儀・通夜の時の服装は、遺族の男性は喪服・略礼服を着用します。女性は黒のアンサンブルやワンピースなどの喪服が正しい服装です。この場合のアクセサリーは婚約指輪、一連パール、パールイヤリング、オニキスなどはOKですが、それ以外の装飾品は避けるのがマナーです。ストッキングや靴は黒を身につけましょう。男性の靴や靴下も同様です。
子どもの服装は、制服があれば制服を着せます。制服がない場合は、紺のブレザーにパンツ、女の子は同じく紺色のブレザーとスカートなど落ち着いた色合いの衣服を選んで着せましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >