2017/10/29 15:34

喪章を付けるのはいつどんな時?お通夜だけ?知ってるようでしらない喪服と喪章

現代では黒が一般的な喪服の色ですが、これまでの歴史ではいろいろな変遷がありました。なぜそれが黒に統一されたのか、いつごろから黒になったのか、喪服の歴史について解説します。

また、喪服の変遷に伴って、喪章が使われるようになりましたが、どうして喪章が必要なのか、どのような場面で喪章をつけるべきなのかも合わせて説明していきます。喪章の値段や購入方法についても触れるので、葬儀があるときにはきっとお役に立つ情報となっています。

 
喪服が黒くなったのはいつから?


黒い喪服が当たり前の現代ですが、それが広まったのは明治時代以降です。

なぜ黒になったのかというと、きっかけは明治天皇の嫡母、英照皇太后の大喪です。それまでは白の喪服が一般的でしたが、参列する欧米諸国の要人が黒を着用するのにならって、黒の喪服としました。

それ以降は、皇室の大喪に限らず、国葬や軍人の葬儀などの公の行事では、黒の喪章をつけることになっていきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >