2017/11/16 10:23

お悔やみメールの文例集:気をつけたいマナー・ポイントなど

遺族の方々に対し、故人の死を悼む気持ちと励ましの意味を込めて述べるお悔やみの言葉は、基本的に直接会って伝えるものです。一方で、電子メールやSNSなどのより迅速で簡便な伝達手段が発達した現代においては、関係性や状況によってはメールでお悔やみの言葉を伝えても問題ないとされています。

そこで、お悔やみを伝えるに際して、送る時に気をつけたいマナーや、実際に使える例文などを交えてご紹介致します。
お悔やみをメールで伝えることはマナー違反にならない?
「お悔やみをメールで伝えるのは失礼に当たらないだろうか?」というのは気になる点だと思います。

実際、お悔やみの言葉をメールで伝えるのは略式であり、正式な形ではありません。

一方で、受け取り手にとっては「そっとしておいてほしい」という気持ちがあるのも確か。必ずしも正式な形でなくても、励ます言葉を届けるだけであれば、メールでも一向に構いません。

ただし、相手があまりメールをご覧になられない方は届くタイミングがお葬式などが全て終わった後になることもあります。そういった場合には、メールは避けて弔電などのほうがタイムリーに届けられるでしょう。
お悔やみをメールで伝える際の注意点
お悔やみのメールを送る際は、通常のメールに比べ、少しだけマナーに気を配ったほうが良いです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >