2017/11/29 11:12

【知っておきたい】相続不動産の処分のやり方

相続した不動産を処分する際には税金がかかります。相続すると同時の売却なら相続税が、一旦相続し相続税を支払った後の売却では譲渡所得税が発生することもあるでしょう。

とはいえ、現在の住まいから離れた土地にある不動産を相続した時には、いずれかの方法で処分しなければいけません。相続した不動産を処分する方法についてご紹介します。
相続時に売却するとき
相続した不動産を売却するのはよくある処分法です。相続と同時に売却すると、手間もなく、相続トラブルを防ぐこともできます。

 

相続時に複数の法定相続人がいる場合、例えば現金や株券といった資産が3,000万円、不動産の価値が5,000万円あり、相続人が3人いるときには、「誰か一人が不動産を相続すると不公平」という事態が起こります。



8,000万を3人で均等に分けると、一人 約2,700万円です。しかし、一人が家をもらってしまうと、残りの二人は金融資産3,000万円を二人で分けることになり、不公平に。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >

おすすめキャンペーン