2017/12/26 13:34

「追加料金は掛かりません」は嘘?「イオンのお葬式」に措置命令

12月22日、景品表示法などを管轄する消費者庁が「イオンのお葬式」をサービス運営するイオンライフ株式会社に対して、景品表示法違反(有利誤認)があったとして、再発防止を求める措置命令を出しました。
何が問題だったのか?
イオンライフ社は今年3月〜5月にかけて、全国で実施した新聞広告において、下記のような表示をしていました。
イオンのお葬式 追加料金不要
火葬式 198,000円(税込) 
一日葬 348,000円(税込)
家族葬 498,000円(税込)
しかし、実際には、下記のようなケースで追加料金がかかることがあるにも関わらず、そのことを広告に明記していなかったため、これが、消費者に対して価格を不当に安く見せるものであるとの指摘がありました。
1. 寝台車又は霊柩車の移動距離が50kmを超える場合
2. 式場などにおける安置日数が3日〜4日を超える場合
3. 2の時にドライアイスを追加する場合
4. 式場利用料が25,000円又は50,000円を超える場合
5. 火葬場使用料が15,000円を超える場合
料金に関して例外がある場合には、広告のどこかに文字でその件が明記されているのが通常ですが、今回のイオンライフ社の広告についてはその記載がなく、今回の措置命令に至ったと考えられます。
実際に追加料金がかかるケースとは?
前記の1から5のケースは、どれも実際によく起こるケースです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >