2017/10/26 06:30

今さら聞けない!忌み言葉と葬儀の挨拶

本記事は、2016年2月29日の記事を再編集したものです。

「忌み言葉」というのは、使ってしまうと「縁起が悪い」と受け取られてしまう言葉です。お通夜や葬儀、法事などの時には日常普通に使っている言葉でも、「縁起が悪い」と受け取られてしまう言葉が沢山あります。つい使って口にしてしまうと相手に対して「失礼」になってしまいます。使わないようにするのがマナーです。

遺族や喪主の立場であっても、参列者の立場であっても、挨拶をする場面はいろいろあります。忌み言葉を知り、うっかり使ってしまわないよう、気をつけながら挨拶をすることが大切です。挨拶文の例もご紹介します。

 
忌み言葉とは
冠婚葬祭の式に出席する時、ふと頭をよぎるのが「あいさつで何を言えばいいのかな?」ということではないでしょうか?

人生の節目の儀式だけに、失敗があっては……と思うと、スピーチを求められた時はもちろん、そうでなくても受け付けやご家族に挨拶する際に何かこう、ちょっと構えてしまいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >