2017/09/16 13:58

【お別れ会の進め方】お別れの会の式次第と司会の役割

お別れの会(偲ぶ会)は、一般的な葬儀と違って、形式に捉われずに故人を偲ぶことができるものです。

自由なスタイルで故人を偲ぶことができるのが最大の特徴であり、より故人を偲べるような形のお別れ会を開くことができます。

式次第や司会者も自分たちで自由に決められるのが特長ですが、その反面、打ち合わせの中でどのようなお別れ会にするかを決めることが重要になってきます。

ここでは、どのようにお別れの会の式次第や司会を決めていくのかを見ていきましょう。

 
お別れの会の式次第はどうやって決める?
基本的にお別れの会の式の進め方には決まりがないので、自由なスタイルや演出で行うことができます。

そのため、どのようなお別れの会を行うのか、イメージはどのようなものか、規模はどのくらいか、どこで行うか、祭壇の予算などをそれぞれ決める必要性があります。

一般的な流れとして、参加者入場から献花、開式の辞、黙祷、思い出のスライド、お別れの言葉、献杯、ご歓談、御礼の言葉、閉式の辞、参加者退出と順に行うことが多いです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン