2017/10/25 21:09

お葬式の供花、誰が出すの?いくらぐらいが相場?

供花(きょうか)とは、故人に供える花のことで、親族や故人と親しかった友人など、深い所縁のある人が贈るものです。また、住所が遠方だったり、入院中だったりと何らかの事情で参列できない人が、気持ちに代えて贈ることがあります。供花の手配に際しては、守らなければならないいくつかのマナーがあります。突然の訃報を受けたときには誰しも動揺するものですが、大事な場面で失敗しないよう、あらかじめ心得ておきましょう。

供花の手配の方法やマナー、相場など、基本的な知識を解説します。

 
供花って何?どうして贈るの?


供花とは故人の霊を慰めるためのものであり、同時に贈る人のお悔やみの気持ちを表現するものです。家族葬などで遺族が香典を辞退した場合、香典の代わりに贈られることもあります。また、供花には祭壇や会場を飾る意味もあり、親戚一同など贈った人の名前が書かれ、祭壇の両側に設えられるのが一般的です。供花は一つを一基と数え、本来は二基をあわせて一対として贈るものでした。しかし近年では会場の広さなどの理由から、一基のみとすることも多くなっています。
供花の種類にはどんなものがある?
供花とは、故人の供養を目的として、式場や祭壇に飾るお花(生花)のことを言います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン