2017/10/22 10:30

四十九日にお香典は必要?服装は喪服?知っていれば慌てない。四十九日法要の段取りについて。

四十九日法要を知ってますか?言葉は知ってはいるけれど、なにをするのか詳しくは知らないという方が多いと思います。この四十九日法要、事前に準備することが多いのですが、葬儀から間がないためにすぐに準備を始めなければなりません。四十九日法要を慌てずに迎えるために、なにを準備すればいいのか、あらかじめ把握しておくことが重要です。
今回は、四十九日法要の準備や段取り、法要にかかる費用まで詳しく見ていきたいと思います。

 

お線香

 
四十九日法要の目的や意味は?
まず、四十九日法要とはなんなのか、法要を行う意味を見ていきましょう。
人は亡くなった後、四十九日後に仏の元へ向かうとされています。その四十九日の間、七日ごとに閻魔様の裁きを受け、四十九日に極楽浄土に行けるかどうかの最後の審判を受ける、と考えられています。故人が極楽浄土に行けるように、遺族も七日ごとに祈ることで故人に善行を足していくのです。故人の審判が下る四十九日が一番重要だと考えられているため、盛大な法要を行い供養を行うというわけです。また、四十九日は忌明けとなり、喪に服していた遺族が日常生活に戻る日でもあるとされています。
参列をお願いするのはどこまで?
四十九日法要を行う際には、参列していただく方を決めなければいけません。四十九日法要は、故人の友人や仕事関係の方を呼んで盛大に行う場合や近親者のみで行う場合などさまざまです。遺族や親族の方針、地域などによって違いがありますので、一般的にこの人を呼ばなければならない、などの決まりはありません。そのため、法要を行う会場の場所や広さ、会食の準備などを考えながら家族で話し合って決める必要があります。
また、故人と縁の深い方のみでしんみりと、という考えから、近親者のみで四十九日法要を行うケースも増えてきています。
事前に手配が必要なものは?


今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >