2017/10/29 14:00

弔電の送り方、手順や文例を知っておこう

円滑な社会生活を送っていく上で、冠婚葬祭は避けて通れないものです。様々な儀式・儀礼が存在しますが、中でも『弔電』と聞いてぴんとくる方はそう多くないかもしれません。

お世話になった先生や上司や近所の方など大切な方が亡くなられた時、どのようにすればきちんとお悔やみの気持ちを伝えられるでしょうか。ここでは実際の葬儀で使われている弔電の文例をもとに、弔電を送る手順や注意点などについて詳しく解説をしていきます。いざという時にご遺族の方にご迷惑をかけないためにも、この機会に学んでおきましょう。

 
弔電とは


大切な方が亡くなったという知らせを聞いた時、貴方がとるべき行動は何でしょうか。もっともふさわしいのは通夜や葬儀に駆けつけ、直接お悔やみの気持ちを伝えることかもしれませんが、仕事や家庭の都合など様々な事情があってそうもいかない場合もあるでしょう。

弔電とはそういう時に喪主や遺族の方々に対してお悔やみの気持ちを込めた電報を送ることを指します。当然の話ですが、弔電は葬儀に使われるものなので遅くとも告別式に間に合うように前もって手配を行う必要があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >