2017/09/19 12:53

【葬儀の知識】今さら聞けない!祭壇に飾る「位牌」とは【どこで買う?】

葬儀の際、祭壇に飾られている位牌、いつのタイミングで用意するのか、など知らない方も多いのではないでしょうか?

四十九日法要の際に、お寺が用意してくれるものだと思っていたりしませんか?

位牌とは、故人の戒名の書かれた木製の板のことです。

葬儀の際にはもちろん、葬儀後も仏壇に安置します。

位牌は「故人の霊魂が宿る場所・依代(ヨリシロ)となる」とされ、ずっと手元に置く故人の象徴ともいえる大切なものです。

いざという時に慌てないよう、しっかりとした知識を持っておきたいものです。
葬儀から四十九日までは仮の位牌
葬儀に参加したことのある方なら、きっと見たことがあると思いますが、戒名や没年などの入れられた白木の位牌。

白木の位牌は、実は仮の位牌であることをご存じでしょうか?実際に仏壇に納めることとなるのは本位牌と言って、黒く漆塗りされたものです。

仮位牌は寺や葬儀社が用意してくれますが、本位牌は遺族の方が仏壇店で購入しなければなりません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >