2017/09/26 12:40

【身だしなみ】告別式にふさわしい服装・男性編

「喪」にはそもそも遺族が喪服を着て故人の死を悼んで慎ましい生活を送るという意味合いがあり、喪服には正式なものから略式まであります。

告別式に参列する時の男性の服装は、基本的にブラックスーツもしくはダークスーツですが、この他にも気をつけるべき点や決まりごとなどが多くあります。

失礼な印象を与えることがないよう、最低限知っておきたいものです。

マナーとして服装やスタイルなどについてあらためて見直し、しっかりと心得た上で告別式に参列するようにしましょう。

 
突然の訃報なら礼服でなくても問題ない
突然の訃報で駆けつけるような場合には、控えめな服装(平服)でも大丈夫です。

突然のことで遺族側も喪服ではないことがあるため、逆に喪服が無礼になってしまうケースも考えられます。

ただし、急なことだからといって足元がサンダルであったり、あまりにもカジュアルであったり華美な装いはマナーとして避けましょう。

訃報が届いてからの時間が半日から1日程度あるような場合には、地味な平服もしくは略式喪服でも可能です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >