2017/11/01 12:39

告別式での喪主(親族代表)のあいさつ例

親族代表のあいさつは、告別式終了時または出棺時に行われます。

ここでは主に、会葬者に対して故人に代わりお礼を述べます。

ここで紹介する文例のように、あいさつの流れや内容はある程度決まっています。

したがって、文面を考えるのはそれほど難しいことではありません。

話す段階では、悲しみが深く心に余裕がない場合もあるかもしれません。

そのときはうまく話そうとするよりも、心からの感謝の気持ちを伝えることに意識を向けましょう。

 

喪主の挨拶は代表の言葉
告別式では、事情がない限り喪主が親族代表としてあいさつをします。

あいさつの内容は、葬儀に参列してもらったことに対するお礼と、生前にお世話になったことに対するお礼が中心です。

典型的な例文をご紹介します。

「遺族を代表してごあいさつ申し上げます。本日はお忙しい中、○○の葬儀にご会葬いただき誠にありがとうございます。

生前、故人に寄せられた皆様の厚情に対し、心より御礼申し上げます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >