2017/09/16 12:12

【大人のマナー】突然の訃報…お通夜に遅れて行くのは失礼?

通夜は、夜から始まり1〜2時間程で終わる故人との別れの儀式です。

元々は、遺族や近親者だけで行うのが主流でしたが、平日に葬儀・告別式がある場合、都合がつかず参加しにくい人が多いことから、通夜に参加する事が主流になりつつあります。

仕事等の予定が終わってから参加される方が多くいますが、その予定の最中に思いがけない事態に合ってしまい時間に遅れる事もあるでしょう。

そんな事態を防ぐにはどうすればいいのか、もし遅刻してしまった場合はどう対処するのがマナーなのかをご紹介します。

 

仕事場から直行するためには
通夜が始まる時間帯は一般的には午後6時から7時頃のため、仕事が終わってから駆けつける方が多いのではないでしょうか。

通夜に遅刻しないためにも事前にあることが分かっている時は、前日に喪服や香典の準備をし、当日は上司や同僚に「通夜があるため、今日は早めに失礼します。」とのことを伝えておくと良いでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン