2017/09/18 12:13

【知らないと損する】永代供養墓・納骨堂の費用【終活・生前予約】

 

老人

 

供養にかかるお金はいくら?
お墓を新しく建てるなら墓石の材料費、加工料、土地代など200万円~300万円ぐらい必要とされています。

墓石の材質、土地の価格などによって大きく変わります。

年間の維持費は5千円~2万円です。

檀家としてお寺に供養を依頼するなら、葬儀代に約100万円、加えて49日、100カ日、1周忌、3回忌、7回忌などの法事費用がかかります。

僧侶へのお布施は3~5万円、お車代5千円~1万円、他に法事後の食事代、引き出物代などがかかります。

納骨堂は遺骨を納めるだけの安価なものなら5千円ほどからありますが、祭壇がきっちりとあってお参りできるようになっている一般的なものは50万円ぐらいで、家族用になると100万円前後です。

永代供養の費用はすぐに合祀をするもので3万5千円ぐらいからあります。1年間、遺骨を個別に収めてから合祀するタイプなら5万円前後、さらに個別の期間を延ばせばその分費用がかかります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >