2017/09/18 19:00

アジアの聖地から 36年以上建設が進む“真実の聖域” サンクチュアリ・オブ・トゥース(タイ)

総高100m“真実の聖域”
総高100m“真実の聖域”
空と海にそびえ立つ、アジア各国の宗教と文化を統合させた宗教建築の傑作。
年に一度はお寺で修行、タイの若者の深い信仰とは。
1981年からいまだに工事中
タイのビーチリゾートで人気の高いパタヤ。歓楽街としても世界的に有名な場所です。そこの市街地から車で20分ほどのナクルアビーチ岬に”真実の聖域“と呼ばれる巨大な建造物があります。周囲は青い空と海だけ、他には何もありません。100mもの高さにそびえ立つ姿はSF映画に登場してくる異次元の要塞のようで、壮大さや美しさと同時に少々の不気味さすら感じさせる不思議な建物です。

[caption id="attachment_9223" align="aligncenter" width="660"]日本では見慣れないスタイルの神仏[/caption]

この建物の特徴は何と言っても1981年の着工以来、36年以上たった今でも完成しないこと。毎日なんと250人以上の職人が次々と彫刻を施し、新しい神仏を誕生させているのです。内外ともに隙間がないほどに埋め尽くされた宗教彫刻によって神話の世界へ入り込めます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >